スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説「キャナリーゼの憂鬱」第一章

more...

スポンサーサイト

小説「ハピネス」と「キャナリーゼの憂鬱」

おはようございます。キャナリーゼの森生ゆり子です。

 今日の豊洲は朝からまたまた薄曇。でも雨は降らないそうです。(ご近所さんがそう言って、傘を持たずにお出かけされていました^^)。

 本日は、昨日に引き続き、桐野夏生さん作の、小説「ハピネス」について書いてみたいと思います。
image

感想を一言で言えば、「うーん、面白い。。。」プロの仕事はすごいですね。色々逡巡する間もなく読みきってしまいました。この小説を教えてくれた以外のママ友さんも「ああ、あれ。一気に読んじゃったわ。」と言っていました。

 結婚して出産してから、小説というものをめったに読まなくなりました。お弁当、料理、裁縫など、主婦の日常を彩るムック本というのかそういう類のもの、疲れた心を癒すスピリチュアル本、それから少々の自己啓発を狙ったHOWTOものばかり。文字を追うだけの本は、正直疲れます。

でもこの本に巡り合い、久しぶりに小説は楽しいものだと思えました。共感も黒い塊にはなりませんでしたし、読後も爽やか。色々と解釈の仕方はあるでしょうが、ハッピーエンドと言っていいのではないでしょうか。

それと同時に、舞台や登場人物が豊洲のリアリティとリンクしていない、そんな風に感じました。登場人物の感情にはすごく共感しましたけれど。具体的にいえば、豊洲の主婦にはありえない事件が多すぎるような気がします。ちょっと現実味が薄いというか。

プライドの高そうな人は大勢見ますけれど、これ程見栄を張る人、いるでしょうか?豊洲はもうちょっと庶民的な方が多いような。それより、ママ友の旦那さんと不倫なんて、8年豊洲に住んでいる私でも聞いたことがありません。リベラルでありながらすごく保守的な街なんです。下手な事をして噂が立ったら、もう住めない。まあどこもそうだと思いますが。

 「ハピネス」の登場により、私の小説が二番煎じといわれないかと心配だったのですが、読んで逆に勇気付けられました。これ程「ハピネス」が支持されているのは、現実のママ達にとっても読みたい内容で、リアルにママ友関係で苦労されている方が多いのではないかしら?と。

小説としての資質は月とスッポン、ですがリアリティだけだったら「キャナリーゼの憂鬱」の方が上じゃないかしら。書いている私自身が、豊洲に住み、子どもを持ち、ママ友に苦労している現役の主婦なのです。

そんな自惚れと、巨匠には勝てないのだからせめて自分らしく、という謙虚な気持ちで、「キャナリーゼの憂鬱」をネットにアップし始めました。

いつか書籍化され、桐野夏生さんの「ハピネス」と隣り合わせて平積みにされ、「ママ友付き合いに悩んだらこの小説!」なーんて目立つポップが飾られていたり・・・夢を見るのはタダですものね。しかも大きく。笑

長くなりそうですので、感想の続きはまた後日アップしたいと思います。
今日の一日、皆様が楽しく過ごされますように。

キャナリーゼとは?

皆様、こんにちは。キャナリーゼの森生ゆり子です。

本日の豊洲は薄曇りですが、現在気温はすでに30度を超えています。今日も暑くなりそうですね。

今日はららぽーと豊洲で、手筒花火大会があるそうです。去年も開催されたのですが、途中から土砂降りになり、大雨の中、豊橋からいらした花火師の方々が大きな筒を抱えて奮闘されいたのを思い出します。私たち家族もびしょ濡れで観覧しました。今年は晴れますように。

他にはららぽーと豊洲と豊洲公園の間の広場で、オクトーバーフェストが開催されています。「10月じゃないのになぜオクトーバーなんだ?」夫のつぶやきに、「お祭りだからそんな細かい事はいいじゃない」と、思うゆり子であった。(小説:キャナリーゼの憂鬱より抜粋)

今日は花火を見て、ビールを飲みにいこうと思います。花火は大迫力、ビールは冷たくておつまみも美味しいですよ。是非この機会に豊洲に遊びにいらして下さいね。

前置きが長くなりましたが、本日は、そもそも「キャナリーゼ」ってなに?という声にお答えしたいと思います。

「キャナリーゼとは」

google先生に聞いてみると、こんな答えが検索結果のトップにありました。日経トレンディ2007年の記事ですが、



Q:キャナリーゼとはどこに住む人のこと?



A:東京都江東区豊洲に住む主婦層を指す言葉。



と、あります。単純明快ですね。現在の認知度36%、記事の書かれた2007年現在なのでしょうか?



他にも白金はシロガネーゼ、浦安はマリネーゼ、だそうです。

他の記事もみてみたのですが、古い記事ばかりで最新のものはありませんでした。どうも私が「キャナリーぜの憂鬱」を書き出した2009年頃を境に、すっかり廃れた言葉のようです。「オワコン」なのでしょうか?

それでも敢えて、小説やブログのタイトルに「キャナリーゼ」とつけました。この言葉ひとつで、再開発の進む子どもだらけの街豊洲に住む主婦、という事がわかります。

また、昔のテレビ番組で特集されていた内容では、「子どもを持つ30代の若い主婦」と定義されていました。いかにもママ友付き合いの活発そうな街の主婦、といったイメージじゃないでしょうか?

他にもこの当時は、「本当のセレブな街のマンションを買えない若い人達」「地方出身者ばかりの見栄の張り合い」「エセレブな街」などと揶揄もされましたが、これらは当たらずとも遠からず。ただ、豊洲がブランド化してマンションの価格も昔と比べてここ数年で高騰し、それからこちらに転居されてきた方々は本当のセレブ、という声もありますので念のため。

そんなイメージで小説やブログを読んで頂けたら幸いです。小説「キャナリーゼの憂鬱」はこちらから。感想やご意見など頂けましたら幸いです。

暑くなりますので、熱中症には充分注意されて下さいね。今日も素敵な一日をお過ごし下さい。

小説「キャナリーゼの憂鬱」誕生

こんにちは、キャナリーゼの森生ゆり子です。

毎日暑いですね。

豊洲は運河(canal)に囲まれた街、それでキャナリーゼという呼称が生まれたようですが、海にも近いせいか、歩いていると潮の香りがするんですよ。日差しも強く、UVカットアイテムはマストとなっております。

本日は小説「キャナリーゼの憂鬱」がいつ誕生したのか、書いてみたいと思います。

細々とではありますがこの小説を書き始めたのはつい最近です。でも随分前に、同じタイトルの小説を書いて投稿サイトにアップしたことがあります。何かネット上にログが残っていないか、google先生に聞いてみたところ、こんな書き込みが残っていました。

こちらのサイトをご覧ください。
http://www.e-mansion.co.jp/bbs/thread/44024/91

無題


マンションコミュニティという、日本最大の新築マンションコミュニティです。この中に、「「23区内の新築マンション価格はいつ下げ止まる?(その32)」というスレッドの中にこんなコメントがありました。
   
「No.903   by 匿名さん 2009-01-21 17:42:00   「キャナリーゼの憂鬱」とかいった連載小説もあったけどどうなったんだ?ぜひ続きがよみたいんだが  」

日付を見ると、2009年1月です。こんな昔に「キャナリーゼの憂鬱」は誕生していた訳なんですね。でも諸事情あり、すぐに削除してしまいました。

あれから4年半、やっと重い腰をあげて、この小説を昇華させようと決心しました。なぜこんなに時間がかかってしまったか、どうしてその時に発表しなかったのかは、別の機会にお話したいと思います。

小説「キャナリーゼの憂鬱」プロローグを投稿サイトに掲載しました。未完成の上、校正も途中なのですが、まずはアップしてみたいと思います。ご意見やご感想、叱咤激励など頂けましたら幸いです。

皆様の今日一日が、素敵な色で彩られますように。
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

東十条桜子

Author:東十条桜子
江東区豊洲島に住んでいます。森生ゆり子さんのママ友で、ゆり子さんの書いたものを管理しています。このブログは森生ゆり子さんに著作権があります。

元のブログはこちら「キャナリーゼゆり子の豊洲日記」
http://blog.livedoor.jp/yurikomorio/ 

私もブログ書いてみようかな。。。

カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
1211位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
育児ノウハウ
99位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。