スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ママカースト」地域は豊洲が酷い?

こんにちは、キャナリーゼの森生ゆり子です。

小さな子どもがいても住みやすい街、豊洲を紹介するブログを書いています。

今日のタイトル、びっくりさせて申し訳ありません。先日、芸能ニュースをネットサーフィンしていたところ、とあるサイトにこの記事が紹介されていました。

ママカースト 地域は豊洲が酷い?年収と実際の様子」、「独身タイムズNEO」というサイトの記事です。いつまで残っているかわからないので、ざっとこちらでもご紹介しますね。

まず、夫の年収やポジション、実家の資産、子どものルックス、学力などで「ママカースト」は決まるとあります。これは豊洲に限らず、どこにでもありますよね。

更に「豊洲は」、と続きがあります。

「豊洲のような新しいマンションが次々と開発される地域で、かつ年収の高い方の住む地域には、虚栄心やプライドの高い方々が多く住むので、ママカーストが深刻化するのかもしれません。」

だそうです。その後の記事で、ママカーストの実際として、さまざまなケースが、ママの言葉、みたいな感じで箇条書きになっています。ご丁寧に下記のような面白い図までありました。

ママカースト


この記事は比較的新しい日付、2013年5月18日となっています。うーん、多分ですが、「斉藤さん」の番宣、小説「ハピネス」に便乗したものではないでしょうか。どこかの掲示板から拾ってきた書き込みを寄せ集めたとか。

ママカースト、実際には「存在する」と私は思いますが、上記のような単純なわかり易いもので決まるものではないと思います。そういうものも多少影響されるかもしれませんが、それプラス、

「ボス気質を持つ人」
「人間関係のハブになり易い人」
「コミュニケーションスキルの高い人」

が、カースト上位になっている気がします。本当に綺麗でなに不自由なく幸せそうな人はボスママなんかにならないと思います。逆に、この図のトップの方って、ボスママのイジメや嫌がらせの標的になる方じゃないでしょうか。

お金持ちだったり、美人でセンスがいい、ご主人や自身が有名企業勤務だったり、収入のいい専門職だったりされると、やはり「私は違うの」オーラも出やすいでしょうし、カーストの上に位置することになるのだと思います。

この記事の「ママ友カースト」も、ボスママが頂点という前提で、どういう人がボスになり易いかという意味で書かれていると思いますが、カースト上位の方がボスになるかどうかは全く別の問題ではないでしょうか。そのあたりがこの記事の詰めが甘いところだなと思いました。

少し長くなりそうですので、続きは次回にさせていただきます。

それでは今日はこの辺で。

通勤通学の皆さまが、無事に家路につきますように。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

東十条桜子

Author:東十条桜子
江東区豊洲島に住んでいます。森生ゆり子さんのママ友で、ゆり子さんの書いたものを管理しています。このブログは森生ゆり子さんに著作権があります。

元のブログはこちら「キャナリーゼゆり子の豊洲日記」
http://blog.livedoor.jp/yurikomorio/ 

私もブログ書いてみようかな。。。

カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
1211位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
育児ノウハウ
99位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。