スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハルキスト

おはようございます、キャナリーゼの森生ゆり子です。

今日も豊洲は快晴、珍しく朝から潮の香りがしていました。普段は夕方あたりが一番海を感じる時間なのですが。何かお天気による変化があるのでしょうか?そのあたり、一度調べてみたいなと思いながら、日々過ぎてゆきます。

IMG_5861
こちらの写真も豊洲交差点から写した豊洲風景です。最近豊洲では、放置自転車、駐輪について様々な試みがなされているようです。また機会がありましたら、まとめてご紹介してみたいなと思います。

本日のブログ、「ママ友、やめました」の続きのつもりだったのですが、少しインターバルをあけたいと思います。思い出すと辛いですし、ママ友付き合いが全部終わった訳ではない現在、ブログの記事にしていいものかどうか迷いがあります。何より、未だ当事者の方々とは顔を合わす機会がたくさんあります。

なので今日は気持ちを整えるために閑話休題、ちょっとママトラブルとは違った話題にしたいと思います。

村上春樹さん、ファンは多いと思います。世界的にも認められた作家さんです。私も今はそれ程ではないですが、以前は鉄板ハルキストでした。

毎日何かしかの村上春樹さんの小説、エッセイを読み、真似してマラソンをしていました。代表作ノルウェイの森は、マツケンを起用した以外は失敗かなと偉そうに思いますが、小説は大好きで今でも時々読み返します。もう25年間読み続けている事になります。年齢と共に小説に対する感想も想い入れも微妙に変化して、人の心は変わるものだと感じたりしています。

一番好きな小説は、「ノルウェイの森」
一番好きなエッセイは、「やがて悲しき外国語」

その村上春樹さんが、雑誌のインタビューでこんな事を言ってみえました。

「大切なのは継続すること、そして集中すること」「毎日午前中の3時間くらいを執筆に充てている」と。なので午前中、私も同じパターンで「書く」事にしています。

この時間はこれをやる、と決めないと何もできません。子供が幼稚園、小学校の専業主婦って何してるの?などと思われるかもしれませんが、朝起きたらあっという間に寝る時間、そんな毎日で、一日がせめて36時間ないかな、そんな風にも最近思います。

午後からは、二人の子どもの習い事の準備、送迎、家事などであっという間に時間が消えます。最近は、プラスこのブログや小説、イベントを企画したり新しいビジネスモデルを考えたり。

ま、後ろのふたつは単なる妄想で終わるかもしれませんが、最近は新しい人や事柄が、次から次へと降ってきて、それらに翻弄されています。でも楽しいです。一日が本当にあっという間に終わります。

以前は、朝から夜までが長くて長くてヘトヘトになっていました。早く時間が過ぎてくれればいいとも。今は全く逆です。楽しい時間はあっという間で、そうじゃない時間は過ぎるのが遅い。「不思議だね、ママ。どうしてか、わかる?」と、先日娘が得意そうに話してくれました。もうそんな話しもしてくれるようになっています、子育ての期間も、もうあとちょっとなのかもしれません。

正しいママ友付き合いってなんだろう?そんな疑問をブログの記事にしています。次回は「ママ友、やめました」の続きをちゃんと書かねば。勇気を持って

それでは今日はこの辺で。

「時は流れてゆく。」

※この終わり方がわかったら、あなたも立派なハルキスト。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

東十条桜子

Author:東十条桜子
江東区豊洲島に住んでいます。森生ゆり子さんのママ友で、ゆり子さんの書いたものを管理しています。このブログは森生ゆり子さんに著作権があります。

元のブログはこちら「キャナリーゼゆり子の豊洲日記」
http://blog.livedoor.jp/yurikomorio/ 

私もブログ書いてみようかな。。。

カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
1211位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
育児ノウハウ
99位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。