スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風一家

こんにちは、キャナリーゼの森生ゆり子です。

昨晩から未明にかけての大型台風通過に伴い、かなりな風と雨でしたね。被害に遭われた皆様にはお見舞い申し上げます。台風一過の豊洲の空には虹がかかっていたようで、Twitterで思わずリツイートしてしまいました。最近虹が多いです、素敵な予兆だと嬉しいですね。

ここ豊洲でも、あちらこちらで事故があったようですが、小さな子供の被害はなかったようでほっとしています。

未明から、BUDDYはTwitter、小学校からはメールで、休園休校のお知らせがありました。こうしたSNSでの連絡は慌ただしい朝、本当に助かります。こまめに情報をチェック出来るのも良かったです。

休校休園を知らせると、学校の好きな娘は少し落胆、息子はカレンダーの三連休プラス代休プラス休園と、計らずも五連休となり、大喜びでした。彼はBUDDYがあまり好きではないようです。というより、家にいるのが好きなようです。

そんな彼の運動会が先日ありました。何もなかった、されど思うところは色々あり、書ききれない気がします。が、今日は感情抜きで箇条書きで書いておこうと思います。私の備忘録です。

・グループでシートを近くに敷こうという指令がなかったので、時間も配慮も何も考えず自由だったが、寂しい気持ちもしました。
・お母さん同士は、親しい人と挨拶する時は声が一オクターブ高くなるということを発見。私もかつてはそうだったのでしょうか。「あーおはようぅ」みたいな感じです。
・女性は固まるとモラルが低くなる。レジャーシートに座って参観している人たちの前に立ちはだかる人が多くみられました。前に立たないで下さいね
・自分がひとりになって初めて気がついたのですが、結構ひとりで静かに観戦しているご父兄は多いということ。賑やかで派手なグループに目を奪われがちですが、そうではない人の方が多数でした。
・おじいちゃん、おばあちゃんがいるご家庭のお母さんは、ママ友グループになっていないようでした。以前ブログで書いた、地方出身のお母さん達は、寂しさを埋めるためにグループ付き合いに熱心になりやすい、という事がここでも顕著なのかもしれませんね。
・トラック内は椅子、テント禁止の筈が、椅子に座って観戦している方が多くみられました。
・ママ友同士の社交ゼロだと、子どもの演目を真剣に観賞できます。上の娘の時はお喋りに夢中だったので、どんなだったかあまり覚えていません。

などなど。また気がついたことがあれば追加したいと思います。

グループから出されて、レジャーシートありの運動会、どうなるかしら?と、気の小さな私は色々心配していたのですが、単体でいても何も問題なく、寧ろ子どもの演技や競技をしっかり楽しめました。義理父母も伯父も駆けつけてくれて、いつも通りの賑やかな運動会となり、娘の小学校運動会同様楽しく満喫できたように思います。

それと、ちょっと驚いた事がひとつ。私は霊感はないのですが、時々正夢を見る事があります。

運動会の前日、ミドル全員でお揃いで着ようと有志の方が作ったオレンジTシャツを着用しようかどうしようか、ちょっと悩みました。一応購入はしたのですが、これは所謂、お母さん同士の「仲良しごっこ」というプレイ用の衣装です。

以前所属していたグループを外され、それからBUDDY豊洲内でも浮いた存在となっているこの私、仲良しごっこは辛いものがあります。着てもいいものかしら?と。

「森生さん、買ったのね」
「あら、着てるわ」
「仲間に入りたいのかしら」

などと思われないかしら。悩んだ末、やっぱり着ませんでした。運動会会場では、半数以上のご父兄の方や先生も着用されていました。なんだか花壇の金盞花みたい、群れていると鮮やかで目を引かれます。

kinsenka2

そんな事を考えていると、あちらからOさんがひとりで歩いてきました。なんだか元気がなさそうです。すれ違い様「おつかれさま」と、声をかけました。「あ、こんにちは」と、普通にお返事が返ってきました。Oさんは私が外されたグループのひとりなのですが、普通に挨拶もお話もしてくれます。

ふと見るとオレンジTシャツを着ていません。あら?どうしたのかしら?心配になりました。このTシャツを作ったグループのひとりのKさんとはすごく仲がいい筈で、Tシャツを購入していないとは思えなかったからです。

「Tシャツ着ないの?」と聞くと、実は・・・という感じで、「今月でBUDDY辞めるのよ」と言いました。「えっ・・・そうなの?」

「だからTシャツ買わなかったの」
「もう着ることもないから」
「必要ないから」

そう続くのでしょうか。

私はなんと言っていいかわからず、困った挙句「私は買ったけど着ないわ。ダサいもの」と明るく返事しました。今日Tシャツ着ていなくてよかったと、ちょっと思いました。もし着てきたとしたら、仲間外れだけどTシャツを着ている私と、仲良しグループにいるのに仲良しTシャツを着ていないOさん、コントラストが強すぎて居たたまれない気持ちになったと思います。

「ダサい」というセリフが面白かったのか、Oさんはおどけた「えー?」っという顔を見せてくれた後、「ふふふ・・・」と笑って、「じゃ、ね」と離れてゆきました。

実は私、びっくりはしましたが、やっぱり、とも思いました。この光景を前日夢で見ていたのです。場所もシチュエーションもそっくり同じ。どうしてTシャツ着ないの?という私に、夢の中のOさんも同じように答えました。なので、Oさんが私の前にひとりで現れた時、映画監督が「スタート」とカチンコを鳴らし、映画のワンシーンが始まったように感じました。セリフは決まっていたのです。まさか、と思いました。でもやっぱり、夢の通りでした。

運命って、決まっているのでしょうか。

もうひとつ、運動会で印象に残っている事、それは「おばあちゃんの椅子事件」です。

足の悪い義理母のために、毎回毎回椅子を持参していたのですが、今回はトラック内は椅子、テントは禁止だからと強い撤去要請が何度もありました。新園長に理由を話して考慮して下さるようにお願いしたのですがダメでした。代わりにテント横に椅子が用意してあるのでそちらにどうぞという事なのですが、椅子にしか座れない足の悪い義理母、お昼や観覧しない時や、そこまでの移動はどうしよう、本当に困りました。

でも、これも私が要領が悪いというのか、馬鹿正直というのか、運動会が始まってみれば椅子など園としてはどうでもよいようで、たくさんの方が堂々と椅子に座って観戦してみえました。中にはキャンプ用のベンチを持ち込み並んで座っているグループの方も。正々堂々と交渉した私は馬鹿みたいでした。結局我が家の椅子は撤去しました。

義理の母にもすごく愚痴ったのですが、どうも我が家というか、私は目をつけられ易いというのか、こういう時に一番に注意されます、しかもしつこく。ルール違反と言われればそれまでなのですが、見せしめに吊るしあげられるというのは気持ちのよいものではありません。

そういえば以前、グループでプール見学の後ランチをしていた時、新園長が通りかかったので私は挨拶をしたのですが、一緒にランチをしていた方々が「森生さんといると新園長さんから目をかけてもらえそう」などと言っていた事がありました。

私は正直に「目をつけられるの間違いよ」と言ったのですが、「またまた、ご謙遜」みたいな感じで取り合って貰えませんでした。でも、いつもこんな調子で、目を掛けられるというより、目をつけられているとしか思えません。それが証拠に、私が何か改善要望を出すと即座に却下されます。

前出のKさんは、目を掛けて貰えるお母さんをみつけて新しいグループを作ったみたいです。もし私が学年お揃いのTシャツを作りたいなどと園長に申し出たとしたら、即座に様々な理由で却下されると思います。園長も、やはり人間。表に出さないにせよ、好き嫌いはあっても仕方ないですし、そういう目に見えないネットワークに反応されているのでしょう。声の大きな強い人には、園の長としても逆らわない方が身のためなのです。

義理の母が朝早くから作ってくれたという大量のお弁当、最近小食な私ですが、頑張って夫よりたくさん食べました。夫の家族はお喋りが好きな人たちばかり、集まると全員が一斉に話だし主張しだし、ハチの巣をつついたようになります。色々とお騒がせして申し訳ありません。色々な意味で台風一家なのかもしれません。

それでも今回の事で一番思ったのは、やはり椅子の事。義理の母に、

「もう本当に失礼しちゃうのよ」
「いつも私ばっかり注意されるの」
「ほらっ、あの人。あのもっさりした人が新しい園長先生」

などと子どものように言いつけてしまいましたが、義理母はそんな事はどうでもいいとばかりに始終ご機嫌でした。私もそのうち、椅子の事など忘れてしまいました。

そんなこんな色々ありましたが、義理の両親が子ども達の成長を本当に喜び楽しんでくれたようで、これだけで大満足な一日となりました。「また来年も見られるかしら?」病気がちな義理母はいつもそんな風に言います。私はこれを聞くと悲しくなってしまうのです。「そんな事言わないでね」これは夢ではありませんが、毎回同じセリフの繰り返しなのです。

先生方、準備お疲れ様でした。そして子ども達の指導ありがとうございました。園児の運動会とは思えないクオリティの高さ、スケールの大きさ、BUDDYの醍醐味です。こんな素敵な体験をこんな小さなうちから出来るなんて、きっと将来大きく羽ばたくための礎になると思います。

BUDDYの先生達は働き者というか、熱く素敵な先生ばかり。なので安心して子どもをBUDDYに預けられます。本当にいつもありがとうございます

でも、やっぱり言いたいのは、

「園長先生、椅子出してみている人たくさんいましたよ!」

関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

はじめまして、最近話題のブログということで、読まさせて頂きました。私は、今後豊洲に住もうと考えているものですが、他者の目からして、正直悲しくなりました。自分が通っている幼稚園や小学校、そしてそこに通う父母を中傷する内容はいかがなものかと思います。いろんな環境が世の中にはありますし、10人いれば10通りの考え方が存在します。それに対し、良い悪いは、個人の考え方ですからそう思うことは構はないと思います。しかしそれを残念なことに、こういったサイトで述べていくことは自分自身を苦しめてるようにしか思えてなりません。悲しいですね。そんなことよりも、もっと自分の良かったと思うことを述べていってほしいですね

No title

はじめまして、コメントありがとうございます。

okug9900さんは、男性でしょうか。このブログ、女性ならではのお話なので、男性には理解しにくいのではないかなと思います。

「私の愛も、私の苦しみも、誰もわかってくれない」

という気持ちでブログ、小説を綴っています。

悲しいですね。

不愉快なようでしたら、今後はアクセスされないようにお願い出来ないでしょうか?

豊洲のキラキラブログはたくさん溢れています。是非そちらをチェックなさってみて下さいね。
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

東十条桜子

Author:東十条桜子
江東区豊洲島に住んでいます。森生ゆり子さんのママ友で、ゆり子さんの書いたものを管理しています。このブログは森生ゆり子さんに著作権があります。

元のブログはこちら「キャナリーゼゆり子の豊洲日記」
http://blog.livedoor.jp/yurikomorio/ 

私もブログ書いてみようかな。。。

カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
1211位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
育児ノウハウ
99位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。