スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊洲での一日

おはようございます、キャナリーゼの森生ゆり子です。

この頃子ども達が、BUDDY、小学校へとそれぞれ愚図らず行ってくれるようになり、日中は自分の時間が出来るようになりました。ふとご近所の方と立ち話をしたりすると、「毎日何してるの?」「お仕事しないの?」などと聞かれる事がたまにあります。

小説やブログを書いている事は内緒なので、子どもの手も離れてあり余る時間、何をしているんだろう。あまりママ友コミュニティにも属していないみたいだし、という事なのだと思います。

なので、今日は私のとある一日を書いてみたいと思います。チラシの裏的記事なので、あまり見ないで下さいね。というか、このブログがそもそもそういうもので出来ていますので、ご了承下さい。

5:30起床。ダイニングに行きたいのですが、早く起きてごそごそしていると「うるさい!」と、家族からクレームがくるのですまだベッドの中です。ネットチェック。天気予報、ニュース、ブログのアクセス数を確認したり。

6:30本当に、起床。朝食、お弁当の準備。BUDDYはお弁当ですので、毎日お弁当を作ります。でもキャラ弁とかしないので、だいたい15分くらいで完成します。

7:00子ども達を起こして朝食、支度。夫はきちきちと6:00に自分で起きる人なので、私が起こした事は一度もないです。

7:45家族全員で家を出ます。夫は会社へ、娘は小学校、私と息子はBUDDYへ。

8:15ペルエメルでバゲット購入。晩御飯用のパンです。いったん家に戻り、朝食の片付けや外出準備。コーヒーを飲んだり。

9:00小学校のカウンセリングルームへ。カウンセラーの方に色々お話を聞いて頂きました。子どもや家族の話が中心なのですが、この界隈のママ友事情についてもちらっとお伺いしてみました。豊洲は他の地域に比べて、ママ友付き合いで悩むお母さんが多いそうです。

ママ友談義はほんの少し、時間いっぱいは、娘の反抗について相談してみました。とてもよいお話を伺えて、お邪魔した甲斐がありました。教えて頂いた事は日々の中で実践してみたいと思います。これについてはとても興味深いお話がありましたので、別の機会に書いてみたいと思います。

10:00ビバホームへ日用品の買い出し。100円ショップでハロウィン用のデコレーションなどを購入。本屋で予約していた本を購入、ちょっと立ち読み。薬局、洋服屋さん、靴屋さんを覗く。

最近はビバホームの2Fで何もかも買う事が多いです。洋服、靴、化粧品、家族のものもここで買えてしまいます。探すと可愛いものが結構あるんですよ。ただ、ゲームセンターがあるので子どもとは来ません。見れば走っていってしまいますから。夫はよく連れてきているようで、ゲームの話を子ども達だけでひそひそ話しているのを小耳にはさみます

11:15食料品を買いに。4丁目のたつみチェーンで購入。今は福引の抽選券を集めているので抽選券の貰えるお店でなるべく買い物をしています。

11:30安庵でおひとりさまランチ。根菜ごろごろの豚汁もついたお刺身定食が900円。このお店はベビーカーは入れませんしサラリーマンの方が多いので、ママ友さんにばったりという事もなく、コストパフォーマンスも味もよく、お気に入りのお店です。

BW1h8yrCAAEekZn

豊洲が再開発される前からあるお店で、しっかり和食を食べたい時にぴったりです。夫も平日用事があり仕事を休んだりすると、ここに来たがります。定食の写真を送信して、夫を羨ましがらせました。

12:15豊洲のサラリーマン、キャナリーマンというそうです。そんな方々で混みだしたお店を後にします。お仕事されている方優先ですよね、やはり。混まない時間帯にランチをするように気をつけています。お店を出て家に戻り、ブログ、小説を書きました。夕飯の支度や家事などもここでやります。今日は大物のお洗濯、シーツを冬用にしたり、押入れを整理したり。やることはたくさん家事はやりだすとキリのないことばかりです。

15:00ご近所さんにばったり。ちょっと立ち話。

15:30慌てて息子のお迎え、BUDDY課外クラブの見学。

BUDDYは放課後の課外クラブが活発で、通常の授業の後に、スポーツ、音楽、絵画などの教室に参加できます。オリンピック選手や元プロのスポーツ選手の教室もあり盛況のようです。勿論全て別料金ですよ。親の送迎や付き添いの必要はなく、先生が教室に誘導して下さいますので便利で良いのですが、息子に「見学に来て」と毎回言われてしまい、気の弱い私は断り切れず、課外授業のクラブ横でひとりで佇む事になります。

この「付き添いがいらない」というのは大きなポイントで、幼児教育というのは、ほとんど保護者の送迎、付き添いが必要ですが、BUDDYなら先生が各教室から課外クラブ実施場所まで誘導して下さいますので、親は必要ないのです。なので、お仕事されているお母さんには非常に便利なシステムです。私のような母親もそれは同じで、お迎えに行くとなにもかも済んでいるというのはありがたいのです。

「付き添いがいらない」で思い出しましたが、家のポストに幼児小学生向けの野球かサッカーのメンバー募集のチラシが入っていたのですが、大きな文字で「お茶出し、当番など、お母さんの負担は一切ありません」と書いたものがありました。そういうのが負担に思う方は、私だけじゃないんだなとちょっと安心したのを思い出しました。BUDDYを卒園した息子がサッカーか野球をやりたいと言い出したら、絶対ここにします

それから、BUDDYに行く途中、ビバホーム横の道でTVの撮影がありました。はしのえみさんがいらしたので、王様のブランチでしょうか。「こんな大きなホームセンターで買い物するのは初めて」と言ってみえました。あと安めぐみさんとか、すらっとした美人さんがみえました。ここ豊洲はこうした撮影クルーやテレビのインタビューアーをよく見かけます。私がマイクを向けられる事も時々あるんですよ。草なぎ君とか、オセロの松島さんとか、ここ豊洲内では色んな有名人の方をお見かけします。

16:15息子を自転車に乗せて、帰りがてら娘の小学校にお迎え。げんきっず内で英語やダンスの無料教室があり、そういう日は17時までいてくれるのですが、その後別の習いごとをする場合があるので、17時前にお迎えに行かないと間に合わない日があります。

17:30娘に夕食を軽く食べさせ、送り出します。

18:00片づけ、お風呂、息子の夕食。息子はBUDDYで疲れて帰ってくるので、食事の後はソファで寝てしまう事が多いです。休日は運動量が少ないせいか、結構遅くまで起きていますね。運動、やはり大切です。

18:30息子をベッドに運んで、部屋の片づけなど。BUDDYの連絡帳などのチェック。カレンダーとにらめっこ。家族それぞれのスケジュールが重なる事が多くなってきて、何を優先させようかとか、隙間に新しい用事を入れたり。

19:00少し勉強。趣味の範囲なのですが、ずっと続けている事があります。

20:00娘帰宅。食事させてお風呂、宿題など。テレビも見たいでしょうし気の毒なのですが、早めにお布団に入れます。習いごとはスポーツ系なので、元気そうでも疲れていると思うからです。子どもは10時間睡眠させたいと思っています。

21:00~22:00頃、夫が帰ってきます。夫の食事は自分でやってもらいます。ご飯の盛りが少ないだの、塩気が足りないだの、色々と希望要望があるそうで、お好きにどうぞという意味でそうしています。

22:00ネットをチェックしながらメールの返信など。赤ワインなど飲んだりもします。ほっと一息。そうするとなんだか眠くなり、このあたりで記憶が途絶えます。そしてまた朝。

こんな感じです。

おひとりさまランチは、月に一回あるかないかなのですが、時々豊洲内のどこかでお昼を食べたりする事もあります。でもこの一食で食材が買えるわ、なんて思ってしまいなかなか出来ませんけれども。それにひとりでランチしていると、「あら?森生さんひとりでランチしているわ」なんて思われないかとちょっと考えてしまったり。

なので普段は夕飯の支度をしながら味見がてらちょっと食べたり、食べなかったり。でも基本家にいる事ってあまりないかもしれません。いつも豊洲内を自転車で走り回っているような気がします。豊洲内で足りない用事ってあまりありません。意識しないと、出る必要もないですし。何もかもが揃っている街なのです。

小さな子どものいる豊洲のお母さんは、ここにプラス、ママ友ランチやお茶などの社交という事になります。私もかつては本当にしょっちゅうそういうのに参加していました。それはそれで楽しかったですし、ひとときの安らぎになったのですが、このブログで書いている通り、今はひとりになりましたのでお誘いもありませんし、誘う人もいないので無くなってしまいました。

昔の私は更にこれプラス、豊洲内のあちこちにある公園に毎日子どもを連れていったり、習いごとに連れていったり、様々なイベントに参加したり。ランチやお茶は一日おきにしようと決めてカレンダーに書き込んだりしていましたね、そういえば。したい、のではなく、お誘いや誰かと集う事が多くて、必然的にそうなっていました。なので経済的、健康上の理由から、毎日にならないようにと気をつけていたのです。

今思えばどこにこんな体力や気力があったのかと思います。若かったのでしょうね。子育ては体力勝負というのは本当だなあとつくづく思います。人づきあいもそうですよね。

そう思うと、今のひとりぼっちなこの状況、図らずもそうなってしまっているのですが、体力的にも精神的にも年齢的にも、今の私にとって丁度いいのかもしれません。小さな子どもを持つお母さんが持っている「ママ友の穴」、ママ友達で埋める事が出来ない代わりに、小説やブログを書いていると自分では思っていたのですが、もしかしたらこれでいいのかもしれません。

ママ友達で溢れ返るここ豊洲で、自分の母親にママ友達がいないという事は、子ども達にとっては死活問題で嬉しくない状況という事はよくわかっているのですが。子ども達、早く大きくなってくれないかしら?でも小さな子ども達ももうちょっと楽しみたいような気もしますし。

こんな風に豊洲での時は流れてゆきます。徒然なるままに。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

わたくし、民間の調査会社です。
依頼者より、このサイトについて
名誉棄損で調査に入ります。
よろしくお願いいたします。

No title

コメントありがとうございます。

こういう方にはよろしくお願いされたくないですが、小説「キャナリーゼの憂鬱」は、よろしくお願いします。

No title

初めまして♪

母歴10年。私も地方出身。以前、○○ーゼなんていわれる地域に住み幼稚園ママの煩わしさに辟易し今はもう少し内陸部におります。

ちょっとママ友の種類は変わりましたが同じように憂鬱な幼稚園ママ生活です。

本当に私の心を代弁してくれているようで嬉しく思います。

まだまだコメントしたい事がありますが、先ずはここにパワーをもらっている人がいることをお伝えしたくコメント致しました。

No title

スワンママ様、コメントありがとうございます。

元⚪︎⚪︎ーゼさんなのですね。同じ気持ちだと言って下さり嬉しく思います。涙が出そうです。

こうしたブログを書く事は母でい続けることと同じくらいシンドイ事ばかりですが、めげずに頑張りたいと思います。
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

東十条桜子

Author:東十条桜子
江東区豊洲島に住んでいます。森生ゆり子さんのママ友で、ゆり子さんの書いたものを管理しています。このブログは森生ゆり子さんに著作権があります。

元のブログはこちら「キャナリーゼゆり子の豊洲日記」
http://blog.livedoor.jp/yurikomorio/ 

私もブログ書いてみようかな。。。

カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
1211位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
育児ノウハウ
99位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。