スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊洲の未来

おはようございます、キャナリーゼの森生ゆり子です。

最近ブログにコメントを下さる方がいらして嬉しい今日この頃ですが、男性と女性では全く視点が違う事、賛否も男性女性で別れているような気がして興味深く拝見しています。コメントありがとうございます、励みになります。

でも、以前の記事にも書きましたけれど、ここは男子禁制ですのでどうぞよろしくお願いいたします。あと、何度もしつこいようですが、私の書いている小説、ブログ共にフィクションですので、こちらにつきましてもご了承下さる方のみ、楽しんで頂けたらと思います。

わかりましたか?わかりましたね?はい、男子は出てくださーい

「あのブログの森生ゆり子さんですよね?」と不躾に聞いてくるのも男性、個人のスマートフォンから個人契約のプロバイダ経由で「調査します」と組織を装って書き込みするのも男性、本当に男の人ってデリカシーがないですよね。とっととマンモスを狩りに行ってらっしゃいという感じです。

女性は知っていても知らないふり、見ない振り、色々と察してくれます。ママ友コミュニティで悉く失敗し続けた私ですが、女性の持つこうした能力に助けられる事がたくさんありました。ただ私も男性同様、この「察する」という能力が足りかなったせいで、色々ひどい目にあっているような気がします。なので男性の悪口を言える立場にないのですが。

さて、今朝ほどベッドの中でごそごそとスマートフォンをいじいじしていましたら、興味深いニュースとTweet がありました。

ニュースは、豊洲に初のホテルが誕生するそうで、デベロッパーは三井不動産さんだそうです。日経新聞のWebサイトは会員でないと記事が全部読めないので、内容をブログに貼って下さる方のサイトをツイートしてみました。

宿泊施設のない豊洲、今まで遠方から、いらした方には「ゲストルーム」で対応していましたが、最近の豊洲人気で、お盆でもお正月でもない普通の週末ですら抽選で、先日初めて落選通知を受け取りました。一カ月前から予約を入れ、多数希望者がいる場合は抽選になるのです。

今まで予約がとれなかった事がなかったので、ゲストルームが取れない時にどうしようという問題がありませんした。なので考えた事もなかったのですが、これからどうしましょう。身内でしたら家のどこかで寝て貰えば良いのですが、お友達が子どもと一緒に大勢で来て下さる時などちょっと困ります。でも家の近くにホテルが出来れば安心です。

それからTweet の方は、「豊洲も将来は多摩ニュータウンみたいに、お年寄りばかりの街になるのでは?」というものでした。

これについては私はちょっと違う意見です。多摩ニュータウンと豊洲は立地も、将来の期待度、って難しい言葉でなんというのでしたっけ。出てきませんが、そういうものが全く違うと思います。

確かに多摩ニュータウン、今の豊洲のようにニューファミリーがこぞって移住し、子どもを産み育て、新しい街を形成し、新しい空気のコミュニティがあったと思います。豊洲も今、確かにそういう事になっています。ニューファミリーが集まり、子どもを産み育て、子どもだらけ、そしてママ友だらけの街です。しかもママ達は地方出身の方が多いので、コミュニティ内で寄り集まりたがり、グループが堅牢、そのネットワークは巨大で緻密で全部繋がっている、という事なのですが、多分多摩ニュータウンもかつてはそうだったのでしょう。

でも単純に言って、多摩ニュータウンは山の街、豊洲は海の街、それに豊洲はもともとなかったところに埋め立て地を作ったそうで、まだまだあちらこちらに「平らな」空きスペースがあります。立地もこんなにいい所ってそうそうないです。大手町や銀座がほんの数分、都内どこに行くにも便利で、東京の外に出るのにも新幹線まで地下鉄で4駅JR1駅。最近は豊洲に遊びにくる方も増えました、文化も娯楽も充実しています。

そんな場所は、7年後オリンピックの選手村になるそうで、その跡地は、新しいマンションや商業施設などがたくさん出来ると聞いています。今は豊洲交差点が豊洲の中心みたいな顔をしていますが、もしかしてそちらの方が今後は中心になっていくかもしれません。現に今は、ららぽーとのあたりが中心になりつつあります。何か大きな集客の出来る施設が出来れば、単純にそちらが中心になるのでしょう。

新しい、便利、楽しい、そしてまだまだ進化の余地がある街なのです。

それに、これは私の勝手な大胆予測なのですが、オリンピック村や築地が出来る豊洲六町目、ここもマンションや商業施設などで混み混みになったら、また新しく豊洲七町目が出来るのではないでしょうか。

そもそも東京は、徳川家康が海を埋め立てて作った街です。江戸時代ですよ?そんな昔から、海を埋め立てて新しいスペースを作っていたんです。今の技術をもってすれば、また作ろうと思えばあっという間に出来てしまうと思いますし、出来ない訳ないですし、作るに決まっています。温暖化で海の水位が上がる懸念がありますし、今の豊洲より25mくらい高い海抜の土地を作るのではないかしら。100年後は最大25m水位が上がるそうです。そして100年後ですから、手塚治虫さんがアトムで描いたような近未来都市に今度こそならないでしょうか。

lavienrose


そこに住むのは、今、豊洲で生まれ育っている子ども達、豊洲住民の子孫ではないかと思います。

家の娘は豊洲が大好きで、将来も豊洲に住みたいと今から言っています。豊洲に住む子どもたちは豊洲が大好きなようで、意思は継がれると思います。私も豊洲以外に住みたい街はなく、最近教育方針で喧嘩ばかりの夫とも、これだけは同意見。多分ここ豊洲が、私の終の住みかになるのではないかしら。

今は豊洲駅でぶつっと切れた状態のゆりかもめも伸延するでしょうし、新たに地下鉄の路線も出来るようです。たまに用事がありラッシュの時間と重なると怖いくらいに混雑の豊洲駅、今後は更に拡張されるかもしれません。

引っ越してきたばかりは、「駅に人があまりいないんだよ、座って会社に行ける」と夫が喜んでいたのがほんの8年前。今はa6の出口など、いつも行列になっていますものね。閉所恐怖症の私にはちょっとキツイ光景です。もっと広くなってくれないでしょうか。ゆりかもめしか交通手段のない、新豊洲駅周辺、地下鉄が通り、それがお台場まで繋がるなんて事もありそう。

あくまでも私の想像というか、妄想なのですけれども。

こんな事を考えるに至ったのには理由があります。私の小説を投稿するところがないかしらと、あちこちネットチェックをしていたところ、新しい賞が作られたという記事がありました。

星新一賞」日経新聞主催だそうです。

星新一さんの本は、中学生くらいの時に図書館で読んだ覚えがあります。SFというものに初めて対面したのも星新一さんの作品からでした。SFって理系よりで、男性のものという苦手意識が今でもあるのですが、この賞はちょっと面白そうだなと思いました。

この賞には一般部門とジュニア部門があります。一般部門はフリージャンルなのですが、ジュニア部門にはお題があり、「100年後の未来を書いて下さい」とあります。

100年後の未来、遠く感じますが、多分あっという間に来るでしょうね。母親な私達はみる事はできませんけれども、子ども達はもしかしたら見られるかもしれません。平均寿命も伸びていますし、100年後の平均寿命は100歳超えているかもしれません、特に女性は。

100年後の豊洲はどうなっているかしら?

あちらこちらのデータを集めたり、それらを組み合わせたり想像したり、いつもの私の妄想が始まりました。そんな世界を、自分のDNAを運ぶ者たちが何を見て何を思うでしょうか、想像するだけで楽しくなります。そんな事を考えると、ママ友付き合いで苦労や失敗の連続で、オーバーではなく何度も死にかけた私ですが、「子どもを産んでよかった」などと、自分勝手な事を思ってしまいます。

ママ友付き合いでこんな苦しい目に遭うのは、そもそも子どもがいるから。子どもなんか産まなければよかった、子どもなんか嫌い、ママ友のいない世界、子どものいないところに行きたい。そんな風に思った事は一度や二度ではありませんし、子ども達にそう言って八つ当たりした事もあります。こうして書いていると、どんな鬼母なのかと我ながらぞっとしますが、多分同じようなシーンが今後もあると思います。

まだまだ子育て真っ最中、ママ友付き合いは上手く機能していないながらも、コミュニティの端っこには存在しなければなりませんから。

でも100年経てば、もう自分の肉体も意思もなーんにも無くなってしまうと思うと「今だけ」ほんの束の間。しんどい思いも悲しい記憶も、いつか全部消えてなくなってしまうものなのだと思えば、なんとかやっていけるような気もします。

豊洲の100年後、ママ友コミュニティはどうなっているでしょうね?

豊洲に実家があり、豊洲に住む新世代キャナリーゼ、あまりママ友っって必要なくなるかもしれませんね。頼る実家がすぐ近くなら、こんな風に濃いお付き合いをする必要も寂しさを埋める必要もなくなりますから。そもそも「ママ友達」という言葉、出てきたのって最近ではなかったでしょうか。

100年後はママ友という言葉自体消滅しているかもしれませんね。でも、いざそうなると、寂しいような、せいせいするような。複雑な心境です。

もう数えるくらいで僕らは消え失せて、真っ暗な朝が来るね
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは、バディで園長をしております、田中と申します。
最近噂になっている、このサイトを拝見させていただきました。 まず初めに非常に不愉快な気持ちになりました。これは、このサイトを見ている、他のバディの保護者や、関係する方すべてがそう考えると思います。個人の考え方は自由と思いますが、こういった公共の場で述べることは、同じ園にいる人間としてとても恥ずかしいことと思います。実際にこのサイトを見た、入園希望者が辞退をしたケースが生まれました。これは列記とした損害にあたります。記録も残してあります。このサイトを見る限り、このを書いている方は、バディの父兄と考えます。そうでないことを祈りますが。そこでこのブログを書いている方に警告します。今週金曜日平成25年10月25日金曜日午後19時までにブログの閉鎖をおねがいします。ご対応いただけない場合は、バディ在園児の家庭に文章でこの内容を通知します。こういったことがおきないよう徹底するうえで、いたしかたない事と思います。しかしそれは、この内容をあからさまにすることで、正直、ブログの内容より個人が特定されることは間違いありません。そして、バディ在園児、関係者すべてのかたから非難を受けることになりえません。わたしもそこまでしたくはないのですが、園を秩序を守る以上致し方ありません。それまでに誠意あるご対応をお願いします。 後1点、先日心当たりがある方にお電話にて、このブログを書いているのか確認しましたが、否定されていました。

No title

こんにちは、コメントをありがとうございます。

せっかくコメントを頂きましたのに大変申し訳ないのですが、森生ゆり子の小説ブログにつきましては、フィクションであり実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。

よろしくお願いいたします。

No title

森生さん、初めてコメントします。

私は全く豊洲とは関係のない土地で子育てをしておりますが、ブログを読んでも特にBUDDY幼稚園に悪い印象は受けませんでしたよ。

豊洲に住んでいたら、この幼稚園に入れるのもいいかなと思っていました。

悪意をもって幼稚園のことを書かれてる感じしますか??

それより、園のトップである園長さんがこんな書き込みをしてしまう浅はかさの方が気になりますが。

特定するぞ。孤立するぞって。




No title

かのんさん、コメントありがとうございます。

田中な園長先生は組織の人で、あちらこちらから圧がかかっているのだと思います。どういう圧か、誰か、何人か。だいたい全部わかるので、ええかっこしいかもしれませんが、私は非難は出来ません。男性も様々なネットワークがあるのです。

そう思いつつ、やっぱりダメージは強く、脱力しつつ悩みつつ、半日寝込みました。

タイムリーなコメント嬉しかったです。お陰様でちょっと浮上出来て、無事に園のお迎えが出来ました。

No title

度々すみません。

私のコメントで何か雰囲気が悪くなるようでしたら、最初のコメントを削除して下さい。すみません。

私には森生さんはこのブログでは、ブログに登場する幼稚園をそして豊洲を、良い感じに紹介されていると感じました(*^^*)

ママ友社会の難しい一面とどう付き合うかは私もまだ勉強中です。
前向きに頑張ります☆

(先程はPC から、今は携帯からコメいたしました)

No title

かのんさん、コメントありがとうございます。

雰囲気悪くなるなんて事ないですよ、むしろ私は気分が良くなり元気が出ました。

記事にも書いたのですが、ブログは閉鎖する事にしました。短い間ですが、ご支援ありがとうございました。

ママ友達という、小さいけれども大きな存在であるこの世界、母親でいる限り関わり続けなければなりません。共にここで生きてゆきましょう。
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

東十条桜子

Author:東十条桜子
江東区豊洲島に住んでいます。森生ゆり子さんのママ友で、ゆり子さんの書いたものを管理しています。このブログは森生ゆり子さんに著作権があります。

元のブログはこちら「キャナリーゼゆり子の豊洲日記」
http://blog.livedoor.jp/yurikomorio/ 

私もブログ書いてみようかな。。。

カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
1211位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
育児ノウハウ
99位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。