スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Happy Halloweeeeeeen:-)

こんにちは、キャナリーゼの森生ゆり子です。

今日は期日の日となりました。朝食の用意、お弁当、園への送迎、それから、冷蔵庫がとうとうカラッポに近い状態になっていたのでスーパーに買いものに出かけました。

それから以前から約束のあった弁理士さんを訪ね、家に戻りました。今日は子ども達のハロウィンパーティがあります。衣装を用意しなくては。探し出しましたがどこにもありません。探して探して家の中をひっくり返してやっとありました。良かった、本当によかった。

今日はハロウィン。そんなイベントをするママ友さんなんて、いないんじゃないの?という声が聞こえそうですが、ママ友絡みではないのです。娘の英語教室のイベントで、本格的なハロウィンをしましょうという企画があり、「息子ちゃんもどうぞ」という事でふたりとも参加できることになりました。

あと、これは後日なのですが、「ママ友がゼロなので、子ども達にハロウィンを楽しませてあげられないわ」とご近所さんに愚痴ったところ、「それなら家の子の教室でハロウィンパーティがあるからいらっしゃいよ」と言って下さる方がみえて、こちらも参加させていただける事になりました。

捨てる神あれば拾う神あり。ハロウィンの神様、ありがとうございました。ハロウィンだから、おばけさんでしょうか?

ハロウィンとかクリスマスのイベント、豊洲界隈ではあちらこちらでイベントがありますし、仲良しのママ友さん達が会を設けます。昔、BUDDYバスを利用していた頃は、バスを降りてきた子ども達を驚かせようとお母さん達で相談し、それぞれがおばけや魔女の格好をして待機、びっくりする子どもたちにお菓子を配るという、楽しい企画がありました。

一年目は無事に終わったのですが、次の年はありませんでした。私が余計なひと言を言ったからです。当時のバス停の皆様、本当に申し訳ありませんでした。

そろそろハロウィンねえ~などとバス停の方々とお話が出た時に私は「今年もバス停ハロウィンやりましょうよ」と提案してしまったのです。あらいいじゃない、そうね、などと声が上がりました。皆さん気持ちが盛り上がり、浮き浮きした空気が流れました。様々な打ち合わせ、相談、お菓子どうする?など、毎日その話題で持ち切りでした。

するとある日、ブログで少しお話しているKing of BOSUMAMAさんが腕を前で組み、ちょっと困ったような、それでいて目をぎらっと光らせ、顔をちょっと傾けて私のところに真っ直ぐ来て言いました。

「ねえ、ハロウィン、気が進まないっていう人がいるの」

ゆっくりはっきり、言いました。すごい圧迫感がありました。私はたじろいで、それでも「え?どうしてですか?どなたですか?」と聞いたのですが、「そんな事、言えないわ」と、にっと笑いました。ハロウィンだから、本物の魔女が来ちゃった、どうしよう、と怖くなりあたりを見渡すのですが、誰も発言せず、事の成り行きを見守るのみでした。

「そういう事だから、今年はなしで」

は?なに言ってるの?あなた一人で決めていいと思ってるの?みんなやりたいって言ってるのよ?と、言いたかったのですが、絶対に言えない言わせないわという雰囲気がありました。

King of BOSUMAMAさんが去った後、そこにいる皆で相談しました。「ねえ、どうする?」「じゃあバス停じゃなくて、ちょっと離れたマンションのパーティルームでする?」などとその場では意見が出ましたが、日に日にその話はタブーという雰囲気が生まれ、バス停ハロウィンはその年はなくなってしまいました。

私が悪かったのです。

King of BOSUMAMAさんからしたら、私のようなボスでもハブでもなんでもない人が勝手にやろうという。もう我慢ならないのですよ。自分が「やらない?」と言って、それでその場の皆が賛同する。それでないとダメな訳です。ハロウィンだけじゃありません、クリスマスも、卒園イベントも、ランチ会もお茶会も。

実際それらを提案するのは、私がいたバス停ではこのKing of BOSUMAMAさんだけでしたし、他の人がやろうという時は、King of BOSUMAMAさんが自分に忠実な腹心に「私ちょっと忙しいからこれお願い出来る?」などと発注する時だけでした。

次の年にはホワイトナイトが現れ、無事にバス停ハロウィンが出来ましたが、その年の寂しさといったら。もうハロウィン自体が絶対禁止というような雰囲気で、このバス停の方々はどなたもハロウィンしなかったと思います。この時はまだ本当に仲間はずれにされてはいなかったので、どなたかがすると言えば呼んで下さった筈ですが、全くありませんでした。

この翌年のホワイトナイトのお話もしたいのですが、この方にご迷惑をお掛けするかもしれませんので記事にするのは控えますが、本当に溜飲が下がったというのか、すごい、と思いました。また機会がありましたら書きますね。

そんな訳で、ハロウィンというと、このバス停ハロウィンを一番に思い出します。「気のすすまない人がいる」っていうのもすごいな、と。「それ、あなたの事でしょう?」こんな風にはきっと今でも言えません。言える人、この豊洲にいるかしら?

書いていてドキドキして具合が悪くなりそうですが、本日最後なので頑張って書いてみました。

Trick or Treat お菓子くれなきゃ悪戯しちゃうぞ
Trick or Treat 言う事きかないと仲間外れにするわよ

私は今でもこの方がとっても怖いです。無邪気な幼いころ、一番怖いものといえばやっぱりおばけでした。でも大人になり、子どもを産んでからは違います。一番怖いもの、それはこの、King Of BOSUMAMA さんなのです。

これを読んで下さる皆様が、楽しいハロウィンをお過ごし下さいますように。
関連記事
スポンサーサイト

theme : 思ったこと・感じたこと
genre : 日記

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

東十条桜子

Author:東十条桜子
江東区豊洲島に住んでいます。森生ゆり子さんのママ友で、ゆり子さんの書いたものを管理しています。このブログは森生ゆり子さんに著作権があります。

元のブログはこちら「キャナリーゼゆり子の豊洲日記」
http://blog.livedoor.jp/yurikomorio/ 

私もブログ書いてみようかな。。。

カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
1211位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
育児ノウハウ
99位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。